忍者ブログ
コブやモーグルについて思ったことをダラダラとつづっています。


前回の「上体をフォールライン方向にキープ」では、「上体の向き」という体の全体的なかまえを見てきましたが、今回はスタンスや足首の角度などの足元の部分を重点的に見ていきますね。

わりと細かいところになりますが、コブ初心者はちょっとしたところを変えるだけで、まったく別人のように化ける可能性を秘めています。
実際に滑り始める前に確認しておきましょう。





◆狭いスタンスがおすすめ
スタンス(滑るときの左右のスキーの間隔)は、コブではできるだけ狭くすることをお勧めします。

ただ実際のところは、初心者が凸凹したコブの中で、左右のスキーをぴったりとつけて滑るのは、なかなか難しいのが実状だと思います。
ですが、できるだけ狭いスタンスをキープする意識は持ち続けたほうが良いです。
そのほうが、結果的には楽に安定して滑ることができるかと思います。


スタンスが狭いと不安定になってしまうのではないかと、感じるかたが多いかもしれませんね。
たしかに、整地では狭いスタンスで滑るより、下の図のような広めのスタンスの方が安定します。



しかし、コブ斜面は凸凹しているため、広いスタンスで滑っていると、左右のスキーが異なる状況に置かれることになってしまいます。
たとえば、片方のスキーは溝の中で、もう片方のスキーはコブの上に乗り上げているというようなことが起こってしまいます。



左右のスキーがコブの凹凸の違う場所に位置することになり、異なるところを通るため、左右のスキーがバラバラに動いてしまいます。

こうなると、四方八方に暴れるスキーを押さえつけるのに四苦八苦することになります。




いっぽう、狭いスタンスの場合は、左右のスキーが同じ場所を通るため、両スキーは同じ動きをします


これにより、スキーが暴れることが大幅に減り、滑りが安定します。



コブでは左右のスキー操作は同じ
では次に、整地とコブのスキー操作の違いと、スタンスの関係について見てみましょう。

整地では外スキーと内スキーの操作が異なります。
たとえば、ターン中盤では外脚は伸ばし、内脚は曲げていきます。



上記の例に代表されるように、整地では外スキーと内スキーの操作が異なり、別々の意識を持つ必要があります。
そのため、スタンスを広くとって左右のスキーがはなれていても問題ありません。


いっぽうコブでは、左右のスキー操作はほとんど同じになります。
たとえば、脚を曲げるタイミングでは両脚とも曲げ、伸ばすタイミングでは両脚とも伸ばします。

つまり、整地と比べて、コブでは左右別々に操作する意識はほとんどありません。
スタンスを狭くすることで左右別々に操作する感覚が減り、両スキーを同時に動かすことが容易になります。

感じとしては左右のスキーをぴったりとそろえて、1本のスキーで滑っているようなイメージになります。

これは、コブ上級者やモーグルでも変わらない点です。






◆前後差を少なくする
スキーはターン後半に(山脚)内脚が前に出て、(谷脚)外脚が後ろに下がる前後差が自然と現れます。



整地の滑りではよく前後差は少ない方が良いと言われることがありますが、ターン後半に全く前後差を無くしてしまうと腰が回ってしまい、弱いポジションになってしまいます。



そのため、整地ではターン後半に適度な前後差は必要になります。




いっぽうコブ斜面では整地とは異なり、前後差は少なくすることをお勧めします。

コブの落ちこむ部分でスキーをずらす時、スキーを大きく横に向けるとどうしても前後差が出やすくなってしまいます。
また、外脚に強く加重しようとすると、特に前後差が大きくなってしまう傾向があります。



このように前後差が大きくなってしまうと、ターンの始動で
スキーを回す時に左右のスキーが重なってしまうことが頻発するようになります。
そのため、コブでは前後差の少ないポジションが適しています。

では、前後差が原因でどのようにしてスキーが重なってしまうのかを見てみましょう。

まず、ターンの切り替え時、スキーを回していくのはコブの頂点(コブの出口)です。


スキーが回るタイミングは、ブーツがコブの頂点に到達したときになりますが、このとき前後差が大きいと山脚(内脚)のブーツが谷側(外脚)のブーツより前に出ているため、山側のブーツの方が先に早くコブの頂点に到達することになります。

そのため、山側(次のターンの外脚)のスキーが谷側のスキーより早いタイミングで回り始め、スキーのトップが重なってしまいます。







スキーが重なってしまうのを避けようとして、左右のスキーのスタンスを広げて滑るのは、本来の原因は前後差なので本末転倒です。
また、スタンスを広くすると、かえって前後差が大きくなってしまいやすくなります。


前項のスタンス幅と同様、前後差も大きくなると左右のスキーの動きがバラバラになってしまいます。
コブ斜面では、左右のスキーが同じ動きをすることが滑りの安定につながるので、前後差は少なくすることをお勧めします。

前後差の大きさの目安としては、ブーツ半分以内におさめる意識で滑ると良いかと思います。



前後差を少なくすると生じるデメリット
前後差を少なくすると、腰が回って弱いポジションになりやすいという欠点があります。


反対に、腰を回さずに腰をフォールライン方向にキープする滑り方では、スキーを横に向けるとどうしても前後差が大きくなってしまい、コブでは左右のスキーがバラバラの動きになってしまいます。


腰がフォールラインに向いた強いポジションを優先するか、それとも前後差を少なくして左右のスキーが同じ動きをする方を優先するか、このへんは意見の分かれるところかと思います。


私の考えとしては、初心者の場合は上体をフォールラインに向けることを厳守する前提で、コブでは前後差を少なくすることを優先したほうが良いのではないかと思っています。

その理由としては、初心者は低速で滑るため、コブにぶつかるときに受ける衝撃は小さく、腰が回っているポジションでもそれほど問題にはならないからです。


また、コブの滑りが上達すると、スキーを大きく横に振って減速することは少なくなり、それにともなって腰はあまり回らなくなります。
スキーを横に向ける角度が浅くなるとスピードがでますが、同時に腰は回らなくなるので、コブから受ける衝撃に対して強いポジションになります。








◆エッジはあまり立てない
コブではしっかりと減速して滑ることが重要です。
そのため、できるだけ強く減速しようとして、ついついエッジを立ててしまいますが、これがかえってコブを難しくしてしまう原因になってしまいます。

まず初めに知っておきたいのは、コブではエッジをあまり立てていかなくても、
十分減速できるということです。

コブで減速する所は、主にコブの落ちこむ部分です。


この、コブの落ちこむ部分でスキーをずらして減速します。

ですが、コブの落ちこむ部分の傾斜はかなり急なので、スキーを体の真下に踏んでいても斜面に対しては十分減速できるくらいにエッジが立っている形になります。



コブでも整地と同じイメージで滑っていると、スキーをずらす際はエッジを立てた方が強く減速できると思ってしまいがちです。

しかしここで、体の軸をターン内側に倒してエッジを立てようとすると、スキーに対して上方向からしっかり体重をのせていくことが難しくなるので、かえって減速が弱くなってしまいます。

また、エッジをある程度以上に立てるとスキーがズレないで、エッジが雪を噛んでキレてしまうことが多くなります。
ずらして減速する滑り方を行っているのに、スキーがキレて走ってしまっては、減速できなくなってしまいます。

つまり、エッジはあまり立てず、スキーを体の真下に踏むくらいのイメージで滑るのが適しているのではないかと思います。



ここからは、エッジを立てすぎることのその他のデメリットについても見ていきましょう。

横方向に進んでコースアウト
上記のとおり、スキーのエッジをある程度以上立てると、ずらしにくくなります。
スキーのズレが止まってエッジが雪面を噛むと、スキーの先端が向いている方向に進んでいってしまいます。

その結果、スキーがフォールライン方向にずれていかずに、横方向に進んでしまい、コブのラインからコースアウトしてしまうことが多くなってしまいます。






スキーを体の下にキープできなくなる
バンクターンに代表されるコブの外側を通る滑り方では、ターンの切り替えでクロスオーバーが起こり、ターン前半で体とスキーがはなれていきます。


このように、滑り方によっては体の下からスキーをはなしていく動きが必要になってきます。

ただ、ここでは初心者がいかに簡単にコブを滑れるようになるかに重点をおいていますので、コブの内側をずらして通る滑り方をお勧めしています。
そのため、スキーを体の下からはなさない滑り方になります。



では、エッジをあまり立てないようにすることと、体の下にスキーをキープする滑り方の関係について見てみましょう。

多くの場合、エッジを立てる時は腰がターン内側に位置する状態になります。


上の図1のようなポジションになるので、エッジを立てると体の下からスキーがはなれてしまいます。


下の図2のように、ヒザをターン内側に入れてエッジを立てれば、体の下にスキーをキープすることが可能になります。


ただ、整地ではサイドカーブを利用してターンする滑りが主流になっていますので、 最初の図1のように、腰をターン内側に入れて、体にかかる外力に対応できるポジションで滑るのが一般的です。
そのため、図2ようにヒザだけでエッジを立てる操作はわりと例外的で、初心者にとってはあまりなじみのない動きになるのではないかと思います。

エッジを立てようとすると、スキーが体の下からはなれてしまいやすくなるので、エッジはあまり立てない意識で滑ると良いと思います。



コブに乗り上げることができない
コブの落ちこむ部分でスキーをずらし、コブの溝にドンと落ちます。
この時、エッジが立っていると溝の部分でスライドが止まってしまい、コブに乗り上げることができなくなってしまいます。

コブに乗り上げることができないと、スキーは溝の出口へと進んでしまいます。
溝の出口ではテールがひっかかってスキーを回すことができないため、スキーを回すタイミングが遅れてしまうか、またはコブのラインからコースアウトしてしまいます。
(詳細はどこを通る?のページをご参照ください)



コブの溝に落ちた時にはエッジは立てず、スキーをフラットに踏むと良いかと思います。

エッジが立っていなければ、スキーはコブの上にスルッとスライドしやすくなります。
コブに乗り上げることができれば、コブの肩の部分でクルッとスキーを簡単に回すことが可能になります。







◆足首を曲げる
コブが苦手なスキーヤーの滑りで非常に多いのは、下の図のように足首を曲げないポジションです。


この体勢でコブを滑ると、コブの溝に入った時やコブに乗り上げる時に、スキーが前に走ってしまい、コブからはじき出されてしまうことが多くなります。



このようにスキーが前にすっぽぬけてしまう失敗は、堅い雪質のコブや縦溝のコブで特に顕著になります。

ここでお勧めしたいのが、足首を深く曲げる意識をもつことです。


スネでブーツのタンをグッと押し、足首を曲げるようにします。
実際のところ足首はブーツでかなり固定されている状態なので、足首を曲げることができる角度はそれほど大きくはありません。

ですが、スネでブーツを押して足首を曲げる角度をとることで、スキーが前に走ってしまうことは大幅に少なくなります。
これだけで、スキーが前にすっぽぬけてコブから放り出されてしまうことは、かなり減るのではないかと思います。


ここで重要なのは、足首を深く曲げた時にはカカトに加重することです。
スネでブーツを前方に押して足首を曲げると、加重位置が前すぎになってしまいます。
そのため、足の裏の加重する位置はカカトよりにして、加重位置が前にいきすぎてしまうのを抑えます。




また、スネを前方に押す前向きの力と、カカトに加重する後ろ向きの力の、力の向きの差が大きくなるため、前後のバランスがとりやすくなるというメリットもあります。

足首の角度については、以下のページに詳細を記載していますので、ご参照いただければと思います。
◆足首の角度とポジションの関係


整地では、足首を過剰に曲げると外スキーのエッジングが強くなりすぎ、外スキーと内スキーが同調せず別々の動きになってしまうことが多くなります。
そのため、スネでブーツを押し、足首を深く曲げて滑るのは、コブ斜面だけに限定することをお勧めします。









◆ストックの先端
脚ではないので今回のトピックから離れてしまいますが、最後にストックのかまえについても、ちょこっと話してみますね。

初心者の滑りでわりと多いのが、以下のようにストックの先端をまっすぐに後ろに下げたかまえです。






そこで、お勧めしたいのは、以下のようにストックの先端を横に広げたかまえです。





では、ストックの先端を横に広げた方が良いという理由を見ていきましょう。


理由1
ストックの先端を横に広げたほうが、バランスがとりやすく安定します。
これは、ヤジロベエの原理からもわかりますよね。




理由2
ストックの先端が下がっていると、コブのでっぱりに先端がひっかかってしまい、ストックを前に振り出すことが難しくなってしまいます。
こうなると、ストックをつく準備ができなくなってしまいます。



初心者にとっては、コブでストックをしっかり突くことは非常に重要になります。(ストックワークの詳細は、レベルによるストックワークの違いのページをご参照ください)

ストックの先端がひっかかって前に振り出せず、ストックをしっかり突くことができないと、スキーを十分に回しこむことができなくなって、コブから放り出されてしまいます。

いっぽう、先端を横に向けていれば、コブに引っかからずに先端を前に振りだすことが可能です。




理由3
あと、もう1点。滑り自体には直接関係はないのですが、けっこう重要なポイントがあります。

ストックの先端が後ろに下がっていると、転んだ時にストックの上に体が倒れかかってしまい、ストックが折れてしまうことがあります。



初心者の多くは、このようにしてストックを折ってしまいます。

量販店のワゴンセールで買った安いストックであれば、それほどのショックではありませんが、高価なカーボン製の伸縮式ストックを折ってしまうと、心まで折れてしまいます。

ストックの先端を横に広げていれば、転んだ時にストックの上に倒れかかってしまうことはなく、ストックが折れてしまうことはありません。



注意:もし、アルミ製のストックが曲がってしまったら
転んだ時にアルミ製のストックが曲がってしまった場合は、その場ですぐになおそうとするのは厳禁です。
スキー場は気温が低いため、曲がった部分を元にもどそうとすると、ポキンとかんたんに折れてしまいます。
ちょっと滑りにくくなりますが、その日はストックが曲がったままがまんして滑りましょう。

スキーから帰ったら、ガスコンロの火であぶって熱し、ゆっくりと力をかけて曲がった部分をもとにもどしましょう。

ただ残念なことに、一度曲がってしまった部分は弱くなってしまうようで、軽い衝撃でまた曲がったり折れたりしてしまいます。
ですので、ストックが曲がってしまったら、新しいストックの購入を検討してみても良いのではないかと思います。






◆まとめ
最後に、前回の「上体をフォールライン方向にキープ」の内容を含めた、コブを滑るときのポジションを下の図でおさらいしておきましょう。



ベースとなる滑走ポジションは、下の図のようにスキーに正対した状態で説明されるのが一般的ですが、初心者の場合はスキーを横に向けてスライドする体勢を滑りの中で長時間保つことになるので、上の図はあえてスキーを横に向けた体勢にしています。







今回は以上になります。
さて、いよいよ次回はコブを滑る実戦について話していきたいと思います。



おわり


◆目次はこちら














◆関連記事
●初心者がコブを完走できるようになるには (その1) - どこを通る?

●初心者がコブを完走できるようになるには (その2) – フォールライン方向にずらす

●初心者がコブを完走できるようになるには (その3)- 上体をフォールライン方向にキープ

●初心者がコブを完走できるようになるには (その5)- それではコブを滑ってみよう・前編

●初心者がコブを完走できるようになるには (その6)- それではコブを滑ってみよう・後編

●初心者がコブを完走できるようになるには (その7)- スキー板と練習するコブ斜面



PR
- HOME -
目次
INDEX

下の各項目からもご覧いただけます
コブの滑り方
■ 脚は少し曲げておく
■ 目線は重要
■ かかと加重を重視する
■ スタンスと前後差について
■ 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
■ 吸収動作を長くキープする
■ モーグルのストックワーク (1)
■ モーグルのストックワーク (2)
■ モーグルのストックワーク (3)
■ スイッチバック
■ 背筋を伸ばす
■ 秘技!! スライド&ジャンプ
■ 吸収動作が必要なわけ
■ 吸収動作によるスピードアップ
■ 1つの動作で吸収と先落としをする
■ 吸収はヒザを意識する
■ 腰はスキーと同じ方向に向ける
■ 吸収動作による前後のバランスの調整
■ 吸収を行わない滑り方
■ 肩の逆ローテーション
■ ダブルストックを使うには
■ 縦の溝コブで減速するには
■ コブの溝でスキーをたわませる
■スキーの先落としと関節の動き
■吸収と伸ばしのタイミング
■ 足首の角度とポジションの関係
■ 左右非対称のコブとスライド
■ レベルによるストックワークの違い
■ スキーの先落しの角度とスピードコントロール
■ 静かなストックワーク
■ ボール状の凹みを通るライン
■ 外側の肩を下げる動きについて
■ スキーの縦の動きと練習について
■ コブ初心者 (1) どこを通る?
■ コブ初心者 (2) フォールライン方向にずらす
■ コブ初心者 (3) 上体をフォールライン方向にキープ
■ コブ初心者 (4) 脚のかまえ
■ コブ初心者 (5) それではコブを滑ってみよう・前編
■ コブ初心者 (6) それではコブを滑ってみよう・後編
■ コブ初心者 (7) スキー板と練習するコブ斜面
■ 春の巨大コブを省エネで滑る方法
■ 滑り方によって変化する谷回りと山回り
■ コブ中級者への道 (1) プロペラと逆ひねり
■ コブでおじぎを防ぐには
■ コブ中級者への道 (2) スライドする方向を変える
■ コブ中級者への道 (3) コブでスキーが開いちゃう
■ 上体を前に移動させる
■ コブ頂点のポジション
■ 基本ポジション
■ コブの滑り方で変わる前傾角度
■ 腰と下っ腹の意識
スキー場
メール
メッセージはこちらから
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ | [PR]