忍者ブログ
コブやモーグルについて思ったことをダラダラとつづっています。


さてさて、「初心者がコブを完走できるようになるには」の第2回目。
今回のトピックは、「フォールライン方向にずらす」です。

もし、第1回目をお読みでないかたは、以下のページを先に読むと、今回の内容を理解しやすくなるのではないかと思います。

◆初心者がコブを完走できるようになるには (その1) - どこを通る?


前回の第1回同様、今回も「2~3ターンでコブから飛び出してしまうコブ初心者向け」の内容になります。
既にコブを滑れるかたにとっては、貴重な時間を割いてまで読む価値は無いかと思います。
この点はあらかじめご了承ください。



◆減速
コブが苦手な初心者の多くは、コブのなかで十分に減速ができません。
これが原因でコブのラインから放り出されてしまいます。

いつでも止まれるくらいのゆっくりしたスピードに減速することができれば良いのですが、実際それが難しいから苦労している、というのが本音ではないかと思います。

そのため、減速要素をできるだけ増やし、加速要素をできるだけ減らすような滑り方が必要になります。


◆スキーを横に向けている時間を長くとる
あたりまえですが、スキーは斜面の下方向に向いている状態だとスピードが出ます。


このようにスキーが斜面の下に向いている状態をできるだけ減らすことで、加速要素が少なくなります。


その反対に、斜面に対してスキーが横に向いた状態でスキーをずらすと、
スピードは落ちます。


このようにスキーを横にしてずらしている状態を増やすことで、
減速要素が増します。


では、滑っているところを見てみましょう。

2番のスキーの向きを変えている局面ではスキーが下(フォールライン)に向いているため、スピードが出やすくなります。
このスキーの向きを変えている状態をできるだけ少なくすることで、加速が弱まります。

また、1番と3番のスキーを横に向けてずらしている状態を長く保つことにより、減速要素が増します。

つまり、スキーをクルッと短時間で回し、スキーを横にしてズルズルとずらす時間を長くとることが低速で滑ることにつながります。



◆コブのラインの内側を通らなくてはならない
さて、このスキーをクルッと回し、スキーを横にしてズルズルとずらす滑り方が、コブの中ではやりやすい場所やりにくい場所があります。
そのため、この滑り方をやりやすくするには、コブの中の限られた場所を通らなくてはなりません。

その限られた部分を現したのが、下の図になります。


赤丸の部分でスキーをクルッと回し、黄色の部分で横にしたスキーをずらして減速します。

このようにコブの内側の部分をキープして滑る必要があります。
(詳細は「初心者がコブを完走できるようになるには (その1) - どこを通る?」をご参照ください)


この図の赤丸のコブの肩の部分がスキーをクルッと回す所です。


言い方を変えると、スキーブーツがこの赤丸の位置にきたときに
スキーを回すことになります。

それを可能にするためには、下の図のピンクのラインの内側のスペースをブーツが通らなければなりません。


ピンクのラインの外側(左右)にスキーブーツが出てしまった場合は、外側に進みすぎてしまったことになります。




外側に進みすぎてしまうと、スキーをクルッとまわしやすいコブの肩や、スキーを横にしてずらしやすいコブの内側の部分を通ることができなくなってしまいます。


スキーは、スキーの先端が向いた方向に進んでしまう傾向がありますが、これをこらえて斜面下方向にずらしていきます。

要するに、スキーを横に向けた状態で、横方向へは進まず、スキーをずらして下方向(フォールライン方向)へ進むことが重要になります。



実際のところコブにはいろいろな形のコブがあり、横のスペースが広いコブと、横のスペースが狭いコブがあります。

横のスペースが広いコブであれば、わりと横方向に進んでしまっても大丈夫です。


いっぽう、モーグルコースのような縦コブでは横のスペースが狭いので、ちょっとでも横に進むと行きすぎになってしまいます。




※横に進みすぎてしまった場合は、斜め後ろ方向にバックすることにより、元のラインにもどることができます。





◆まず整地で練習してみよう
スキーを横にして、横には進まずにフォールライン方向にずらす滑り方は、ふだんはあまり行わないスキー操作なので、コブに入る前に少し整地で練習してみることをお勧めします。

フォールライン方向にずらす滑り方と、整地の一般的な滑り方のちがいを確認するために、まず一般的な滑り方を見てみましょう。


一般的な整地の滑り方は、左右に移動して横のスペースをとった滑り方になります。

このような横のスペースをとった滑り方をコブで行うと、スキーをずらして減速できる内側の部分には入れず、外側のバンクや溝を通ることになるので、減速が難しくなってしまいます。


では、今回のトピックであるフォールライン方向にずらす滑り方を見ていきましょう。

1. スキーを横に向けて、フォールライン方向にズルズルとずらして下って行きます。
このとき、エッジを立てすぎると止まってしまうので、エッジはあまり立てずにスライドさせます。


2. ストックを突いて少し上に伸び上がり、スキーをクルッと回します。
エッジを外し、スキーの滑走面は雪面に対してフラットな状態にします。
スキーのエッジやサイドカーブは使わず、ブーツを中心にトップとテールを振ります。



3.スキーを横に振ったら、横に進んでしまわないように注意しながら、再びフォールライン方向にズルズルとスキーをずらします。


スキーはスキーのトップが向いている方向に進んでしまいやすいです。
そのため、スキーを横に振ると横方向に進んでしまいがちですが、横方向に進んでしまうのを抑え、フォールライン方向にずらして行けるかを確認しましょう。


練習の際は、下の図のように左右に障害物がある細い道を頭の中でイメージして、滑ってみるのも良いのではないかと思います。


それほど難しいスキー操作ではないので、整地をある程度滑れるかたであれば、ちょっと練習すればできるようになるかと思います。


今回は以上になります。
次回は「上体をフォールラインにキープ」について説明していく予定です。



◆どんな滑り方であれ、とりあえずコブを滑れるようになろう
既にお気づきのかたも多いかと思いますが、「初心者がコブを完走できるようになるには」で説明している滑り方は、このブログの他の項で推奨している滑り方とは、かなり異なった滑り方になります。

確かに、理想的な滑り方ではないですし、カッコイイ滑りでもありません。
どちらかというと、コブを利用した即効性のある小ワザ的手法と言えるのかもしれません。

でも、初心者のかたが今までまったく滑れなかったコブを、ぎこちなくても通して滑れるようになるということは、とても大きな一歩で、それが達成できたときは天にも昇るくらい嬉しい瞬間です。

いったんコブから外れずに滑れるようになればしめたもの。
そこからさらに難しい滑り方や、いろいろなラインにトライできます。

私の友人で、なんとか低速でズルズルとコブを滑れるようになったら、
その後、加速度的に上達してしまったという人が何人かいます。

コブが苦手なスキーヤーは最初コブ斜面を避けていますが、いったんコブを滑れるようになると楽しくなってきます。
楽しくなるとコブをたくさん滑るようになり、上達します。
上達すると嬉しくなって、ますますたくさんコブを滑るようになります。
このような正のサイクルが生まれます。

いっしょうけんめいガンバって練習したというのではなく、たぶん楽しくて夢中になって滑っていたら、いつのまにか上達してしまったのでしょう。

結局のところ、努力は夢中にはかなわない、ということなんだと思います。

そんなわけで、コブのラインから飛び出さずになんとか滑れるようになったあなたは、近い将来コブ中毒患者の仲間入りをしてしまう可能性が非常に高いのではないかと思います。
あ!もう既にこの病(やまい)をわずらっておられますか...。
おだいじに。



おわり


◆目次はこちら








◆関連記事
●初心者がコブを完走できるようになるには (その1) - どこを通る?

●初心者がコブを完走できるようになるには (その3)- 上体をフォールライン方向にキープ

●初心者がコブを完走できるようになるには (その4)- 脚のかまえ

●初心者がコブを完走できるようになるには (その5)- それではコブを滑ってみよう・前編

●初心者がコブを完走できるようになるには (その6)- それではコブを滑ってみよう・後編

●初心者がコブを完走できるようになるには (その7)- スキー板と練習するコブ斜面







PR
- HOME -
目次
INDEX

下の各項目からもご覧いただけます
コブの滑り方
■ 脚は少し曲げておく
■ 目線は重要
■ かかと加重を重視する
■ スタンスと前後差について
■ 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
■ 吸収動作を長くキープする
■ モーグルのストックワーク (1)
■ モーグルのストックワーク (2)
■ モーグルのストックワーク (3)
■ スイッチバック
■ 背筋を伸ばす
■ 秘技!! スライド&ジャンプ
■ 吸収動作が必要なわけ
■ 吸収動作によるスピードアップ
■ 1つの動作で吸収と先落としをする
■ 吸収はヒザを意識する
■ 腰はスキーと同じ方向に向ける
■ 吸収動作による前後のバランスの調整
■ 吸収を行わない滑り方
■ 肩の逆ローテーション
■ ダブルストックを使うには
■ 縦の溝コブで減速するには
■ コブの溝でスキーをたわませる
■スキーの先落としと関節の動き
■吸収と伸ばしのタイミング
■ 足首の角度とポジションの関係
■ 左右非対称のコブとスライド
■ レベルによるストックワークの違い
■ スキーの先落しの角度とスピードコントロール
■ 静かなストックワーク
■ ボール状の凹みを通るライン
■ 外側の肩を下げる動きについて
■ スキーの縦の動きと練習について
■ コブ初心者 (1) どこを通る?
■ コブ初心者 (2) フォールライン方向にずらす
■ コブ初心者 (3) 上体をフォールライン方向にキープ
■ コブ初心者 (4) 脚のかまえ
■ コブ初心者 (5) それではコブを滑ってみよう・前編
■ コブ初心者 (6) それではコブを滑ってみよう・後編
■ コブ初心者 (7) スキー板と練習するコブ斜面
■ 春の巨大コブを省エネで滑る方法
■ 滑り方によって変化する谷回りと山回り
■ コブ中級者への道 (1) プロペラと逆ひねり
■ コブでおじぎを防ぐには
■ コブ中級者への道 (2) スライドする方向を変える
■ コブ中級者への道 (3) コブでスキーが開いちゃう
■ 上体を前に移動させる
■ コブ頂点のポジション
■ 基本ポジション
■ コブの滑り方で変わる前傾角度
■ 腰と下っ腹の意識
スキー場
メール
メッセージはこちらから
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ | [PR]