忍者ブログ
コブやモーグルについて思ったことをダラダラとつづっています。



コブの頂点でスキーの先端を溝に落としていく「先落とし」の重要性は、コブを滑っているほとんどのスキーヤーが認識していると思います。

今回は、先落としと脚の関節の動きについて考えてみたいと思います。


◆先落としで使う3つの関節
まず、先落としで使う関節を上げてみます。
1.    足首
2.    ヒザ
3.    股関節



上記3つの関節の動きの組み合わせによって、先落としが行われます。

3つの関節のうち、1つだけを使っても先落としはできますが、できれば2つ、可能であれば3つ全てを使った方が、より早く的確に先落としできるようになると思います。

では、それぞれの動きを個別に見ていきましょう。


1.足首
ブーツで固定されているので足首の可動範囲は限定されますが、滑っている時は足首を常に曲げた状態をキープします。

具体的には、すねをブーツのタンに押しつけるように圧力をかけ続けます。

こうすることにより、ブーツとスキーに前圧がかかった状態になるので、コブの頂点を越えると自動的にスキーのトップが下がります。






この、足首による先落としは、どのようなコブ斜面でも条件を選ばずに有効です。
不規則なコブ、浅いコブ、深いコブ、ピッチの長いコブ、短いコブなど、コブ斜面の状況は千差万別ですが、私は全てのコブで常に使うようにしています。

足首は、ヒザや股関節のように曲げたり伸ばしたりするのではなく、常に曲げている状態をキープするだけです。

足首は曲げたり伸ばしたりの動きが必要ないので、コブでピッチの速さに動きがついていけないということはありません。
そのため、ピッチの狭い細かいラインコブで特に有効です。

すねでブーツを押すとスキーの加重位置が前すぎてしまうことが多いので、コブの溝と受ける部分ではカカト加重にして、前後のバランスをとると良いかと思います。


2.ヒザ
コブの頂点でヒザを曲げることにより、スキーのトップが下がります。

イメージ的には、コブの頂点でブーツを後ろに引く感じになります。






私の場合、良いポジションに乗れている時は、ヒザを曲げることでスキーのトップの前圧が強まって先落しができるイメージです。
いっぽう、後傾気味のポジションの時は、トップを下げるというより、むしろテールを後ろに引き上げることにより、結果的にトップが下がるという動きになります。

ヒザは積極的に動かすことが可能なので、足首や股関節の動きに比べ、より深い角度でスキーを先落としすることができます。

欠点としては、速いてんぽに合わせてヒザの曲げ伸ばしをするのが難しいというところです。

私はタイミングをあわせるのが下手なため、整地コースの端っこによくできる超細かいラインコブを直線的に滑る時、ヒザを曲げる動きが速いピッチについていけなくなることが多いです。




3.股関節
コブの頂点を越えたところで股関節を伸ばしていくと、スキーの先落としが可能になります。

イメージ的には下腹を前に出していく感じかと思います。







私の場合は、積極的に腰を前に出していくというより、下腹を前に出す圧力をかけ続けていく印象で滑っていることが多いです。

細かいピッチのコブで、なおかつコブの落ち込みの勾配が急で深い場合は、積極的に腰を前に出していく動きを意識的にしていくのが良いかと思います。

反対に、ピッチが広い間延びしたコブの場合は、ゆっくりと股関節をのばしていくのが良いと思います。
ピッチの広いコブで、コブの頂点を越えてすぐに股関節を伸ばしてしまうと、重心が上に浮いてしまって、スキーにしっかり加重できなくなってしまいます。

急斜面で間延びしたコブでは、コブの落ち込む部分で、腰を前方斜め下方向にスライドしていくようにすると、重心が浮かずに接雪して滑れるように思います。


おわり

◆目次はこちら


















PR
- HOME -
目次
INDEX

下の各項目からもご覧いただけます
コブの滑り方
■ 脚は少し曲げておく
■ 目線は重要
■ かかと加重を重視する
■ スタンスと前後差について
■ 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
■ 吸収動作を長くキープする
■ モーグルのストックワーク (1)
■ モーグルのストックワーク (2)
■ モーグルのストックワーク (3)
■ スイッチバック
■ 背筋を伸ばす
■ 秘技!! スライド&ジャンプ
■ 吸収動作が必要なわけ
■ 吸収動作によるスピードアップ
■ 1つの動作で吸収と先落としをする
■ 吸収はヒザを意識する
■ 腰はスキーと同じ方向に向ける
■ 吸収動作による前後のバランスの調整
■ 吸収を行わない滑り方
■ 肩の逆ローテーション
■ ダブルストックを使うには
■ 縦の溝コブで減速するには
■ コブの溝でスキーをたわませる
■スキーの先落としと関節の動き
■吸収と伸ばしのタイミング
■ 足首の角度とポジションの関係
■ 左右非対称のコブとスライド
■ レベルによるストックワークの違い
■ スキーの先落しの角度とスピードコントロール
■ 静かなストックワーク
■ ボール状の凹みを通るライン
■ 外側の肩を下げる動きについて
■ スキーの縦の動きと練習について
■ コブ初心者 (1) どこを通る?
■ コブ初心者 (2) フォールライン方向にずらす
■ コブ初心者 (3) 上体をフォールライン方向にキープ
■ コブ初心者 (4) 脚のかまえ
■ コブ初心者 (5) それではコブを滑ってみよう・前編
■ コブ初心者 (6) それではコブを滑ってみよう・後編
■ コブ初心者 (7) スキー板と練習するコブ斜面
■ 春の巨大コブを省エネで滑る方法
■ 滑り方によって変化する谷回りと山回り
■ コブ中級者への道 (1) プロペラと逆ひねり
■ コブでおじぎを防ぐには
■ コブ中級者への道 (2) スライドする方向を変える
■ コブ中級者への道 (3) コブでスキーが開いちゃう
■ 上体を前に移動させる
■ コブ頂点のポジション
■ 基本ポジション
■ コブの滑り方で変わる前傾角度
■ 腰と下っ腹の意識
■ 先落としにトライしてみよう Part 1
■ 先落としにトライしてみよう Part 2
■ コブの衝撃に強いポジション Part 1
■ コブの衝撃に強いポジション Part 2
スキー場
メール
メッセージはこちらから
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ | [PR]