忍者ブログ
コブやモーグルについて思ったことをダラダラとつづっています。


たぶん、これを読んでおられる方は、今回のタイトルを見て
「なんか、おもしろそーじゃないなぁ」
みたいな感じで、テンション下がり気味だと思います。

でもこのトピック、近年私がスキーの上達において最も重要と考え、
いつか書こうと温めていた題材です。

いろいろな所で語りつくされた感がある題材なので、ちょっとしらけ気味の読者の方もいるかと思いますが、私の方はやる気まんまんです。
では、鼻息荒くして熱く語っていこうと思います。



◆斜面状況によって変えていく滑り方

スキーで滑る斜面には、さまざまな異なった状況があります。
整地、パウダー、コブなど、いろいろな斜面があり、さらに、アイスバーンやザラメなどさまざまな雪質があり、それぞれの斜面状況に適した滑り方が必要になります。

整地では整地でこそ重要になってくる技術、またコブではコブの凹凸を利用した固有のテクニックがあります。

いろいろな斜面や雪質を滑る技術の引出を多く持っていて、それを斜面の状況に合わせて的確に使い分けられるのが、上級者の条件ではないかと思います。


◆全てでベースとなる滑り方

いっぽう、「斜面状況によって使い分ける技術」とは反対に、どのような斜面でも変わらないスキーの根幹となる滑り方があると思います。

たとえば、整地やパウダーで意識していたポジションが、コブを滑るときにも有効だったり、また、アイスバーンでイイ感じに滑れたスキーの加重方法が、荒れた悪雪斜面でも使えたなんてことがあります。

このように、どのような斜面状況でも有効な滑り方がスキーの根幹になる部分で、この柱がどれだけ太いかが、最終的にポテンシャルの高さにつながるのかと思います。


◆反対の方向性

斜面状況によって変えていく滑り方」と「全てでベースとなる滑り方」は方向性が反対になります。

斜面状況によって変えていく滑り方」は、例えば、コブ斜面であれば、コブの頭でスキーをクルッと回し→コブの裏をずらして→溝に落ちる。
このように、スキーを回しやすいところで回し、減速しやすいところで減速する滑り方は、コブを利用する滑り方で、コブがあるからこそ可能な技術になります。

いっぽう「全てでベースとなる滑り方」は、例えば、スキーに加重するポジョン。
お尻が後ろに落ち、その後傾をカバーするために腰を深く曲げて上体が前につっこんだポジションでは、スキーにしっかりと体重をのせていくことができなくなります。
お尻を後ろに落とさないポジションは、コブ、整地、パウダー、アイスバーン、悪雪など、すべてに共通するベースとなる部分になります。

つまり、「斜面状況によって変えていく滑り方」は、特定の斜面状況だからこそ有効な滑り方で、「全てでベースとなる滑り方」は全ての斜面状況で共通する滑り方になります。

ここで困ったことに、滑り方によっては「斜面状況によって変えていく滑り方」を意識しすぎると「全てでベースとなる滑り方」からかけ離れてしまう場合があります。

たとえば、整地でエッジを立てサイドカーブを利用したレールターン。
「斜面状況によって変えていく滑り方」としては、きれいに圧雪された斜面を、スキーのサイドカーブを利用して滑るため、斜面状況と道具の特性が合致した滑りになります。

ただ、斜面の状況が変わると、サイドカーブを利用したレールターンの滑り方では難しくなってしまいます。
春の悪雪で午後にボコボコと荒れた斜面になると、同じような滑り方だとエッジがひっかかって滑りにくくなってしまいます。
また、パウダーの場合は、雪面がふわふわしているので、サイドカーブによってターンする要素は大幅に少なくなってしまいます。

悪雪、パウダー、コブなどのいろいろな斜面状況に適合できる滑りを考えると、エッジは立てすぎずに、サイドカーブに頼りすぎない滑り方が有効になります。
サイドカーブを使ったターンばかりしていて、それが体にしみついてしまうと、圧雪された整地以外の斜面が苦手になってしまう可能性があります。

このように、「斜面状況によって変えていく滑り方」を前面に強く出していくと、「全てでベースとなる滑り方」から離れてしまう危険性があります


◆どちらが重要?

では、「斜面状況によって変えていく滑り方」と「全てでベースとなる滑り方」はどちらが重要でしょうか?

どちらも重要ですが、私は「全てでベースとなる滑り方」の方に一票を投じたいと思います。

まず、「斜面状況によって変えていく滑り方」ですが、1つのメリットとしては入門として最適な点です。

たとえば、パウダーを滑るのが初めてという場合、大げさなくらい上下動を使って浮力を得てからターンを切り替えるのがイイと思います。

またコブ斜面では、前述したコブの頭でクルッとスキーを回し、コブの裏でずらして溝に落ちる滑り方が、コブ初級者がラインを外さずにゆっくり滑るには良い技術だと思います。
そもそもコブ初級者がいきなりコブで直線的なカービングターンをしようとしても撃沈するのは明白なので、当然おすすめできません。
ターンの質はどうあれ、いままで苦手だったコブでラインを外さずに滑れるようになるだけでも、コブ初級者にとっては大きな収穫です。

ただ、残念なことに「全てでベースとなる滑り方」が中途半端だと、「コブを利用した滑り方」にかたよってしまい、その後の上達は頭打ちになってしまいます。

いっぽう、「全てでベースとなる滑り方」がある程度高いレベルでできていれば、「コブを利用した滑り方」に頼りすぎることはなく、コブを滑れば滑るほど上達していくように思います。

「全てでベースとなる滑り方」ができている人と、できていない人が「斜面状況によって変えていく滑り方」をした場合、全くと言っていいほど違った滑りになってしまいます。

また、斜面や雪質が難しくなればなるほど、「全てでベースとなる滑り方」ができている人と、できていない人の差が大きく開いてしまいます。

私の考えでは、「全てでベースとなる滑り方」は共通点以外のものを取り省いていったシンプルな滑り方で、「斜面状況によって変えていく滑り方」は斜面状況に合わせてベースにプラスしていくテクニックのようなイメージです。


◆ベースとなる滑り方の柱を太くするには

では、スキー技術の根幹になる柱を太くしていくにはどうしたらいいでしょうか。
1つには、いろいろな斜面状況に有効な滑り方の共通点を探しながら滑るのが良い方法だと思います

たとえば、モーグルで意識している点が、整地やパウダー、悪雪でも有効かどうかを試してみます。
上体のポジション、ターン前半の谷まわりのつくり方、エッジの使い方、加重方法などなど、共通点はたくさんあります。
一般的に、モーグルはコブだけに特化した特殊な滑り方だと思われがちですが、整地やパウダーなどを滑る際にも共通するポイントが驚くほどたくさんつまっています。

もちろんその反対に、整地の滑り方でも、コブやパウダー、悪雪などにも適合するポイントがたくさんあり、それを探していきます。

また、ベースとなる滑り方の練習法として、難易度の低い斜面では、あえて「斜面状況によって変えていく滑り方」を封印し、いろいろな斜面状況で共通するベースの滑り方のみで滑ってみるのも良いのではないかと思います。


◆共通は本質

ちょっと話はそれますが、スキーに限らず他の多くの分野においても、その分野のいろいろなシチュエーションで当てはまり、共通していることが、その分野においての真理や本質に近いことになるのではないかと思います。
また、ある分野での本質の概念は、えてして他の分野でも本質に近かったりします。
そのため、ある特定の分野で本質がわかると、他の分野に移行した際にも、比較的早く本質的な部分が見えてきます。

えーと、スキーに話をもどしますね。
いろいろな斜面状況で共通する滑りのポイントを1つ見つけたというのは、それはつまりスキーの本質に1歩近づいたことになると思います。

スキーの本質を見つけたということは、コブでしか使えない小ワザを見つけたのに比べて、何倍も大きな発見ではないでしょうか。



◆整地も滑る

ここで大事になってくるのが、コブ以外の斜面も滑ることだと思います。
コブばっかり滑っていたら、コブと他の斜面の滑り方の共通点を見つけることができません。

また、整地で滑るのは、コブに比べてあまり疲れないので、長時間くりかえし練習できるのも大きなメリットです。

スキーの本質である共通するポイントを見つけたら、それが無意識にできるくらい整地で練習して体にしみこませることによって、スキー全体のポテンシャルを上げることができるように思います。




◆反省

まるで悟りを開いたようなことを書いちゃいましたが、実は私自身「全てでベースとなる滑り方」を近年特訓中の身です。

白状すると、私はかなり長い年月「斜面状況によって変えていく滑り方」ばかりを重視し、「全てでベースとなる滑り方」の重要性がわかっていませんでした。

コブは凹凸を利用した滑り方、整地はサイドカーブを利用した滑り方をメインに考えていました。
つまり、コブの滑り方と整地の滑り方を全くの別物として考えていたのです。

そのため、スキー場で午後になって整地が荒れてコブがちらほらでき始めると、コブ用の滑りをしようか、それとも整地用の滑りをしようか迷っていました。
整地用の滑りをするには凸凹しているし、コブを利用した滑り方をするにはコブが小さすぎるという斜面だと、どっちつかずのちゅうとはんぱな滑りになっていました。
こんな斜面だと、ベース技術が無いことをあからさまに露呈してしまっていました。

「全てでベースとなる滑り方」ができていれば、こんな斜面でもコブがある所と、ない所、状況に応じて継ぎ目なくスムーズに滑れるはずです。

よく、「コブも整地も根本的には同じ滑り方」と言っている上級者スキーヤーがいます。
私はスキーを始めて約25年もたつのですが、この言葉の意味がようやくわかってきたのは、恥ずかしながらつい5年ほど前になります。

「全てでベースとなる滑り方」は整地もコブも同じで、整地の滑りに凹凸をつけたのがコブ斜面になります。


◆ショートカットしたつもりが遠回り

私は、スキーを始めてわりと早くの段階でコブが滑れるようになりました。
というのは、コブの凹凸を利用した滑り方ができるようになったからですが、 「全てでベースとなる滑り方」ができていなかったため、その後の上達は極めて遅かったです。(泣)

最初に短期間で「斜面状況によって変えていく滑り方」を覚えて、すぐにコブが滑れるようになったのは、ある意味、器用だったと言えるのかもしれません。

ただ、初心者の頃に小手先の技術ですぐにコブを滑れるようになってしまったため、その後、即効性のあるコブの凹凸を利用した小ワザばかりに気がいってしまい、結局は遠回りしてしまいました。

これを読んでおられるあなたには、私のような遠回りはしてほしくないと切に思います。


◆整地や悪雪も楽しもう

近年、私はコブ以外の整地や悪雪などで滑る練習に、かなりの時間を割いています。

「練習」というとちょっと語弊があるのかもしれません。
コブのために整地で練習しているというより、整地を滑るのがコブと同じくらい楽しいから滑っている感じです。(おっ、モーグルから基礎に転向か?)

最近では、5月のかぐらで、モーグル用スキー板を履いていたのにコブはほとんど滑らず、ぐちゃぐちゃの雪質でボコボコに荒れた整地(元整地?)を、ロングターンメインで滑っていたことがありました。

このような難しい雪質だと「上手く滑れた時の気持ちよさ」と「上手く滑れていないときの気持ち悪さ」がはっきりと出るので、とても楽しく練習できます。(以前の私では考えられないことですが…)

春のぐちゃぐちゃ雪になると、午前中だけ滑って帰ってしまう人が多いですが、悪い雪質は「全てでベースとなる滑り方」を見つけるのに最適な斜面状況なので、有効に使うと良いかと思います。


おわり



◆目次はこちら















PR
- HOME -
目次
INDEX

下の各項目からもご覧いただけます
コブの滑り方
■ 脚は少し曲げておく
■ 目線は重要
■ かかと加重を重視する
■ スタンスと前後差について
■ 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
■ 吸収動作を長くキープする
■ モーグルのストックワーク (1)
■ モーグルのストックワーク (2)
■ モーグルのストックワーク (3)
■ スイッチバック
■ 背筋を伸ばす
■ 秘技!! スライド&ジャンプ
■ 吸収動作が必要なわけ
■ 吸収動作によるスピードアップ
■ 1つの動作で吸収と先落としをする
■ 吸収はヒザを意識する
■ 腰はスキーと同じ方向に向ける
■ 吸収動作による前後のバランスの調整
■ 吸収を行わない滑り方
■ 肩の逆ローテーション
■ ダブルストックを使うには
■ 縦の溝コブで減速するには
■ コブの溝でスキーをたわませる
■スキーの先落としと関節の動き
■吸収と伸ばしのタイミング
■ 足首の角度とポジションの関係
■ 左右非対称のコブとスライド
■ レベルによるストックワークの違い
■ スキーの先落しの角度とスピードコントロール
■ 静かなストックワーク
■ ボール状の凹みを通るライン
■ 外側の肩を下げる動きについて
■ スキーの縦の動きと練習について
■ コブ初心者 (1) どこを通る?
■ コブ初心者 (2) フォールライン方向にずらす
■ コブ初心者 (3) 上体をフォールライン方向にキープ
■ コブ初心者 (4) 脚のかまえ
■ コブ初心者 (5) それではコブを滑ってみよう・前編
■ コブ初心者 (6) それではコブを滑ってみよう・後編
■ コブ初心者 (7) スキー板と練習するコブ斜面
■ 春の巨大コブを省エネで滑る方法
■ 滑り方によって変化する谷回りと山回り
■ コブ中級者への道 (1) プロペラと逆ひねり
■ コブでおじぎを防ぐには
■ コブ中級者への道 (2) スライドする方向を変える
■ コブ中級者への道 (3) コブでスキーが開いちゃう
■ 上体を前に移動させる
■ コブ頂点のポジション
■ 基本ポジション
■ コブの滑り方で変わる前傾角度
■ 腰と下っ腹の意識
スキー場
メール
メッセージはこちらから
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ | [PR]