忍者ブログ
コブやモーグルについて思ったことをダラダラとつづっています。

◆モーグルのストックワーク(1)

ストックはコブの裏に突く - 基礎とモーグルのストックワークの違い


基礎スキーでは一般的にストックは「コブの頂点に突く」といわれています。
モーグルでも低速であれば「コブの頂点に突く」で問題ないでしょう。
ですが、スピードアップするにしたがって、「コブの頂点」では上体が遅れてしまう原因になります。
最悪の場合、コブの頂点にストックを突いた衝撃で、肩が脱臼してしまう恐れがあります。
モーグルではコブの頂点を少し越えたあたりにストックを突くのがいいでしょう。
意識としてはコブの裏側に突くような感じです。

基礎スキーでは斜面に対してスキーを横に回しこむため、気をつけていないとスキーが向く方向にひっぱられて上体がフォールラインに対して横に向いてしまいます。
ストックをコブの頂点に若干強めに突くことによって、スキーを横に振っても上体が常に斜面の下に向いているようにする手助けになります。

一方、スキーを横に振らずに直線的に滑るモーグルでは上体が横に向いてしまうミスケースはほとんどないので、基礎のようにストックによって上体が横に向くのを防ぐ必要はありません。

モーグルのストックワークについては、意見の分かれるところですが、私は上体の乱れにつながらないよう軽く突くよう心がけています。
突くというより、コブの表面を軽くひっかくような感じです。


◆モーグルと基礎スキーのラインによるストックを突く位置の違い
基礎スキーはストックをコブの頂点に突いて、モーグルはコブの裏に突く理由はもう1つあります。
それは、基礎スキーとモーグルではコブの滑るラインが違うからです。

ストックを突くのは一般的にターンを切り替える時です。
基礎スキーではターンの切り替えをコブの溝の出口で行います。
いっぽうモーグルでは、コブの溝はまだターンの途中で、次のコブの肩(頂点)に達したところでターンの切り替えを行います。

つまり、モーグルの場合は基礎よりターンの切り替え部分が先になるのです。そのため、ストックを突く部分はコブの頂点ではなく、その先のコブの裏側になります。

以下のイメージをご覧ください。

基礎スキーの場合
基礎スキーではコブとコブの間の溝の出口部分でターンを切り替えます。
そのため。コブの頂点にストックを突くのがちょうどいいのです。

基礎のストックワーク


















モーグルの場合

モーグルではコブとコブの間の溝は、まだターンの途中になります。
モーグルのストックワーク

 















コブの肩(頂点)に達したところで、ターンの切り替えを行います。
そのため、ストックを突く位置は基礎よりも前になります。
モーグルのストックワーク2

 
















まとめ:モーグルではコブの頂点を少し超えたあたりにストックを突く。意識としてはコブの裏側に突くような感じで。



おわり


◆目次はこちら









コブの滑り方
コブの滑り方#1 脚は少し曲げておく
コブの滑り方#2 目線は重要
コブの滑り方#3 かかと加重を重視する
コブの滑り方#4 スタンスと前後差について
コブの滑り方#5 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
コブの滑り方#6 吸収動作を長くキープする
コブの滑り方#7 モーグルのストックワーク (1)
コブの滑り方#9 モーグルのストックワーク (3)
コブの滑り方#10 スイッチバック
コブの滑り方#11 - 背筋を伸ばす
コブの滑り方#12 - 秘技、スライド&ジャンプ
コブの滑り方#13 - 吸収動作が必要なわけ
コブの滑り方#14 - 吸収動作によるスピードアップ
コブの滑り方#15 - 1つの動作で吸収と先落としをする
コブの滑り方#16 - 吸収はヒザを意識する





PR
- HOME -
目次
INDEX

下の各項目からもご覧いただけます
コブの滑り方
■ 脚は少し曲げておく
■ 目線は重要
■ かかと加重を重視する
■ スタンスと前後差について
■ 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
■ 吸収動作を長くキープする
■ モーグルのストックワーク (1)
■ モーグルのストックワーク (2)
■ モーグルのストックワーク (3)
■ スイッチバック
■ 背筋を伸ばす
■ 秘技!! スライド&ジャンプ
■ 吸収動作が必要なわけ
■ 吸収動作によるスピードアップ
■ 1つの動作で吸収と先落としをする
■ 吸収はヒザを意識する
■ 腰はスキーと同じ方向に向ける
■ 吸収動作による前後のバランスの調整
■ 吸収を行わない滑り方
■ 肩の逆ローテーション
■ ダブルストックを使うには
■ 縦の溝コブで減速するには
■ コブの溝でスキーをたわませる
■スキーの先落としと関節の動き
■吸収と伸ばしのタイミング
■ 足首の角度とポジションの関係
■ 左右非対称のコブとスライド
■ レベルによるストックワークの違い
■ スキーの先落しの角度とスピードコントロール
■ 静かなストックワーク
■ ボール状の凹みを通るライン
■ 外側の肩を下げる動きについて
■ スキーの縦の動きと練習について
■ コブ初心者 (1) どこを通る?
■ コブ初心者 (2) フォールライン方向にずらす
■ コブ初心者 (3) 上体をフォールライン方向にキープ
■ コブ初心者 (4) 脚のかまえ
■ コブ初心者 (5) それではコブを滑ってみよう・前編
■ コブ初心者 (6) それではコブを滑ってみよう・後編
■ コブ初心者 (7) スキー板と練習するコブ斜面
■ 春の巨大コブを省エネで滑る方法
■ 滑り方によって変化する谷回りと山回り
■ コブ中級者への道 (1) プロペラと逆ひねり
■ コブでおじぎを防ぐには
■ コブ中級者への道 (2) スライドする方向を変える
■ コブ中級者への道 (3) コブでスキーが開いちゃう
■ 上体を前に移動させる
■ コブ頂点のポジション
■ 基本ポジション
■ コブの滑り方で変わる前傾角度
■ 腰と下っ腹の意識
スキー場
メール
メッセージはこちらから
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ | [PR]