忍者ブログ
コブやモーグルについて思ったことをダラダラとつづっています。

夏になりました。 暑いですね。
スキーのことなんかすっかり頭から抜けてしまいそうです。


でも、オフシーズンにどれだけ体力トレーニングができたかが、次のシーズンを左右してきますから、地味なオフトレは続けなくてはなりませんね。

なにしろモーグルは体力的にタフなスポーツですから。
「よくあんなに大変なスポーツを続けてるなぁ」と、我ながら感心します。


 
私は時々、近所の体育館で卓球をします。
卓球はモーグルのように体力的にタフなスポーツではありません。
体育館ではかなり年配の方も卓球をしていて、中年の私でも最年少なんてこともしばしばあります。

卓球で一流選手をめざすのなら別ですが、趣味で卓球をする分には特に筋トレや陸トレは必要ないように思います。
卓球をするときだけ卓球プレーヤーでもいいと思います。


でも、モーグルは違いますね。 この体力的にタフなスポーツをするには、冬だけモーグラーになればいいのではありません。
モーグラーは365日一年中モーグラーでなくてはなりません。
一年の半分以上がオフシーズンなのに、オフもモーグラーであることを意識して体力トレーニングしなければならないなんて皮肉ですね。

かと言って、実際のところ仕事や家事などに時間をとられてしまい、あまり満足にオフトレの時間はとれずにいますが…。(^_^;)

 
モーグラーがモーグラーであるためには、冬だけではなく一年中モーグラーでなくてはなりません。

オフトレがんばりましょう。


おわり

◆目次はこちら













PR
- HOME -
目次
INDEX

下の各項目からもご覧いただけます
コブの滑り方
■ 脚は少し曲げておく
■ 目線は重要
■ かかと加重を重視する
■ スタンスと前後差について
■ 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
■ 吸収動作を長くキープする
■ モーグルのストックワーク (1)
■ モーグルのストックワーク (2)
■ モーグルのストックワーク (3)
■ スイッチバック
■ 背筋を伸ばす
■ 秘技!! スライド&ジャンプ
■ 吸収動作が必要なわけ
■ 吸収動作によるスピードアップ
■ 1つの動作で吸収と先落としをする
■ 吸収はヒザを意識する
■ 腰はスキーと同じ方向に向ける
■ 吸収動作による前後のバランスの調整
■ 吸収を行わない滑り方
■ 肩の逆ローテーション
■ ダブルストックを使うには
■ 縦の溝コブで減速するには
■ コブの溝でスキーをたわませる
■スキーの先落としと関節の動き
■吸収と伸ばしのタイミング
■ 足首の角度とポジションの関係
■ 左右非対称のコブとスライド
■ レベルによるストックワークの違い
■ スキーの先落しの角度とスピードコントロール
■ 静かなストックワーク
■ ボール状の凹みを通るライン
■ 外側の肩を下げる動きについて
■ スキーの縦の動きと練習について
■ コブ初心者 (1) どこを通る?
■ コブ初心者 (2) フォールライン方向にずらす
■ コブ初心者 (3) 上体をフォールライン方向にキープ
■ コブ初心者 (4) 脚のかまえ
■ コブ初心者 (5) それではコブを滑ってみよう・前編
■ コブ初心者 (6) それではコブを滑ってみよう・後編
■ コブ初心者 (7) スキー板と練習するコブ斜面
■ 春の巨大コブを省エネで滑る方法
■ 滑り方によって変化する谷回りと山回り
■ コブ中級者への道 (1) プロペラと逆ひねり
■ コブでおじぎを防ぐには
■ コブ中級者への道 (2) スライドする方向を変える
■ コブ中級者への道 (3) コブでスキーが開いちゃう
■ 上体を前に移動させる
■ コブ頂点のポジション
■ 基本ポジション
■ コブの滑り方で変わる前傾角度
■ 腰と下っ腹の意識
スキー場
メール
メッセージはこちらから
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ | [PR]