忍者ブログ
コブやモーグルについて思ったことをダラダラとつづっています。

モーグルで特に気をつけなくてはならないポイントは、滑っているときは背筋を伸ばすことです。 これは、モーグルでは最もベーシックな点で、何年モーグルを続けても常に意識するようにしています。

「背筋を伸ばす」を他の言い方をすると、「お腹を前に出す」や「胸を張る」でしょうか。
また、アルペンや基礎スキーで良く言われるように「骨盤を立てる」という意識も背筋を伸ばすことに通じます。 とにかく背筋を伸ばして腰を曲げないようにすることが大事です。
では、なぜ背筋を伸ばすようにする必要があるのでしょうか?

モーグラーが滑るときはドスッ、ドスッ、ドスッっとコブにスキーが当たる音がします。この音からもわかるとおり、モーグルはコブ斜面を高速で滑り降りるため、体にかかる衝撃はかなりのものになります。

コブ斜面をたくさん滑った翌日は腰が筋肉痛になったことありますよね。
コブを滑っているとき、激しく動く脚に対して、ぶれない上体を保つには、腰の筋肉で支えています。 特にコブに当たった時に、上体が前につぶれてしまうのに耐えるには、腰にかなりの負荷がかかっています。

このコブに当たった時の衝撃にどれだけ耐えられるかが、コブ斜面でのスピードと安定性を左右します。
ここで、腰を曲げてしまうと、コブからの衝撃を受けた力は腰にかかり、腰に大きな負荷がかかってしまいます



腰を曲げずに背筋を伸ばして滑るようにすれば、コブからの衝撃は体幹に沿って頭の方に抜けていくようになり、腰に不要な衝撃がかからなくなります。




また、背筋を伸ばして腰を曲げないことにより、上体がコブにつぶされなくなるため、上体が前後にぶれなくなります。
上体のぶれが少なくなることにより、目線の安定にもつながります。


後傾しないように上体を前にもっていこうとすると、往々にして腰が曲がった滑りになってしまいます。
こうなってしまうと、腰に悪いだけではなく、脚のストローク(曲げ伸ばしの吸収)も大きく使えなくなってしまいます。
後傾をなおすには、腰を曲げて上体だけを前に傾けるのではなく、おしりの位置を前の方にして、常にブーツのタンをすねで押しているような状態するといいでしょう。
おしりの位置を前に出すことにより、上体が立って背筋が伸びた状態で滑れるようになります。

背筋を伸ばすことはコブを高速で滑る際に非常に大切なことなので、常に意識しておきましょう。


まとめ:コブを滑っているときは背筋を伸ばすことを常に意識しよう

おわり

◆目次はこちら











PR
- HOME -
目次
INDEX

下の各項目からもご覧いただけます
コブの滑り方
■ 脚は少し曲げておく
■ 目線は重要
■ かかと加重を重視する
■ スタンスと前後差について
■ 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
■ 吸収動作を長くキープする
■ モーグルのストックワーク (1)
■ モーグルのストックワーク (2)
■ モーグルのストックワーク (3)
■ スイッチバック
■ 背筋を伸ばす
■ 秘技!! スライド&ジャンプ
■ 吸収動作が必要なわけ
■ 吸収動作によるスピードアップ
■ 1つの動作で吸収と先落としをする
■ 吸収はヒザを意識する
■ 腰はスキーと同じ方向に向ける
■ 吸収動作による前後のバランスの調整
■ 吸収を行わない滑り方
■ 肩の逆ローテーション
■ ダブルストックを使うには
■ 縦の溝コブで減速するには
■ コブの溝でスキーをたわませる
■スキーの先落としと関節の動き
■吸収と伸ばしのタイミング
■ 足首の角度とポジションの関係
■ 左右非対称のコブとスライド
■ レベルによるストックワークの違い
■ スキーの先落しの角度とスピードコントロール
■ 静かなストックワーク
■ ボール状の凹みを通るライン
■ 外側の肩を下げる動きについて
■ スキーの縦の動きと練習について
■ コブ初心者 (1) どこを通る?
■ コブ初心者 (2) フォールライン方向にずらす
■ コブ初心者 (3) 上体をフォールライン方向にキープ
■ コブ初心者 (4) 脚のかまえ
■ コブ初心者 (5) それではコブを滑ってみよう・前編
■ コブ初心者 (6) それではコブを滑ってみよう・後編
■ コブ初心者 (7) スキー板と練習するコブ斜面
■ 春の巨大コブを省エネで滑る方法
■ 滑り方によって変化する谷回りと山回り
■ コブ中級者への道 (1) プロペラと逆ひねり
■ コブでおじぎを防ぐには
■ コブ中級者への道 (2) スライドする方向を変える
■ コブ中級者への道 (3) コブでスキーが開いちゃう
■ 上体を前に移動させる
■ コブ頂点のポジション
■ 基本ポジション
■ コブの滑り方で変わる前傾角度
■ 腰と下っ腹の意識
スキー場
メール
メッセージはこちらから
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ | [PR]