忍者ブログ
コブやモーグルについて思ったことをダラダラとつづっています。

モーグルというとスキーをピッチリとそろえて、あたかも1本のモノスキーで滑っているような印象がありますよね。

実際のところは、絶対にピッタリとそろえなくても自分の骨格に合った狭めのスタンスでいいと思います。

でも、肩幅くらいのスタンスでは明らかに広すぎです。

なぜ、スタンスが広いと良くないか。それは、スタンスを広げると左右のスキーがばらばらの動きをしてしまうからです。

左のスキーがコブに乗り上げているのに、右のスキーがコブの溝に入っているようでは、どうしたってスキーの動きがばらばらになりますよね。
なので、スタンスは「狭く」を意識するといいでしょう。

左右のスキーがばらばらに動いてしまうのはスタンス以外にも原因があります。
それは、スキーの前後差です。

前後差を大きくとってしまうとスキーを振る軸が左右のスキーで異なってしまいます。
すると、スキーの振り幅が左右のスキーでばらばらになってしまいます。

スキーを大きく横に振った場合でも、スキーの前後差はブーツ半分以下にキープしたほうがいいでしょう。

滑り出しで、バインディングのトウピースをピッタリくっつけるような意識をもつと良いかと思います。


まとめ:
スタンスは少し狭くを意識する。スキーの前後差を少なくする
(前後差はブーツ半分以内に抑える感覚で)


おわり

◆目次はこちら



コブの滑り方
コブの滑り方#1 脚は少し曲げておく
コブの滑り方#2 目線は重要 く
コブの滑り方#3 拇指球加重ではなく、かかと加重を重視する
コブの滑り方#5 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
コブの滑り方#6 吸収動作を長くキープする
コブの滑り方#7 モーグルのストックワーク(1)
コブの滑り方#8 モーグルのストックワーク(2)
コブの滑り方#9 モーグルのストックワーク(3)
コブの滑り方#10 スイッチバック
コブの滑り方#11 - 背筋を伸ばす
コブの滑り方#12 - 秘技、スライド&ジャンプ
コブの滑り方#13 - 吸収動作が必要なわけ
コブの滑り方#14 - 吸収動作によるスピードアップ
コブの滑り方#15 - 1つの動作で吸収と先落としをする
コブの滑り方#16 - 吸収はヒザを意識する













PR
- HOME -
目次
INDEX

下の各項目からもご覧いただけます
コブの滑り方
■ 脚は少し曲げておく
■ 目線は重要
■ かかと加重を重視する
■ スタンスと前後差について
■ 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
■ 吸収動作を長くキープする
■ モーグルのストックワーク (1)
■ モーグルのストックワーク (2)
■ モーグルのストックワーク (3)
■ スイッチバック
■ 背筋を伸ばす
■ 秘技!! スライド&ジャンプ
■ 吸収動作が必要なわけ
■ 吸収動作によるスピードアップ
■ 1つの動作で吸収と先落としをする
■ 吸収はヒザを意識する
■ 腰はスキーと同じ方向に向ける
■ 吸収動作による前後のバランスの調整
■ 吸収を行わない滑り方
■ 肩の逆ローテーション
■ ダブルストックを使うには
■ 縦の溝コブで減速するには
■ コブの溝でスキーをたわませる
■スキーの先落としと関節の動き
■吸収と伸ばしのタイミング
■ 足首の角度とポジションの関係
■ 左右非対称のコブとスライド
■ レベルによるストックワークの違い
■ スキーの先落しの角度とスピードコントロール
■ 静かなストックワーク
■ ボール状の凹みを通るライン
■ 外側の肩を下げる動きについて
■ スキーの縦の動きと練習について
■ コブ初心者 (1) どこを通る?
■ コブ初心者 (2) フォールライン方向にずらす
■ コブ初心者 (3) 上体をフォールライン方向にキープ
■ コブ初心者 (4) 脚のかまえ
■ コブ初心者 (5) それではコブを滑ってみよう・前編
■ コブ初心者 (6) それではコブを滑ってみよう・後編
■ コブ初心者 (7) スキー板と練習するコブ斜面
■ 春の巨大コブを省エネで滑る方法
■ 滑り方によって変化する谷回りと山回り
■ コブ中級者への道 (1) プロペラと逆ひねり
■ コブでおじぎを防ぐには
■ コブ中級者への道 (2) スライドする方向を変える
■ コブ中級者への道 (3) コブでスキーが開いちゃう
■ 上体を前に移動させる
■ コブ頂点のポジション
■ 基本ポジション
■ コブの滑り方で変わる前傾角度
■ 腰と下っ腹の意識
スキー場
メール
メッセージはこちらから
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ | [PR]