忍者ブログ
コブやモーグルについて思ったことをダラダラとつづっています。

今回の「コブの滑り方」は、コブの落ち込む部分でスライドする滑り方をする場合は「コブ斜面ではスキー(ヒザ)と同じ方向に腰を回して滑った方がイイ」というお話です。


◆上体は固定する?
まず、「上体を斜面の下に正対させる」というのがコブ斜面を滑るうえでの基本であり常識ですね。
スキーは横を向いても、上体は常に斜面の下側を向いていることが重要です。

モーグラーが滑っているのを見ると、上体はまったく動かず、脚だけが猛烈な速さで動いているように見えます。
この動かずに固定しているように見える上体ですが、スライドターンする場合は腰の部分は左右に動かした方が良いと思います。



◆腰はスキーと同じ方向に回そう
私は、コブの落ち込む部分でスキーを回しこんでスライドさせて滑る場合は、腰の向きはスキーの向く方向と同じ方向に向けるように心がけています。(スライドさせずに直線的に滑る場合は腰は回しません)
つまり、ターンの後半にスキーが横に向くと、腰(骨盤)の方向も横に向けるようにしています。(上体は斜面の下に正対させます)

上体が斜面の下に向いているのに対して、スキーが横に向くと上体を脚部との「ひねり」が生まれますよね。
腰とスキーを同じ方向に向けることにより、この「ひねり」の支点は脚の付け根ではなく、腰の上の「おへそ」あたりになります。
つまり、「おへそ」より上は常に斜面の下を向き、「おへそ」より下はスキーと同じ方向を向くことになります。



なぜ腰をスキーと同じ方向に向けるのか?
腰をスキーと同じ方向に向ける理由は主に2つあります。

1. 不必要なスキーの前後差ができないようにするため
2. 股関節の脱臼を防ぐため

では、詳しく見ていきましょう。


◆スキーの前後差を防ぐ
スキーをフォールライン方向に縦に向けて滑る場合は、スキーに前後差はほとんど出ません。そのため、コブを直線的に滑る場合は、腰を回さずに下向きに固定で良いと思います。

一方、スキーをスライドして横に大きく向ける場合、左右のスキーに前後差がでやすくなります。
この場合、腰をスキーと同じ方向に向けることにより、必要以上にスキーの前後差ができてしまうのを防ぐことができます。

腰を固定したままだと
ターンの後半、スキーを大きく横に向けた状態を想定してみましょう。
このとき、腰を下向きに固定したままだと、スキーの前後差ができてしまいます。
この必要以上の前後差により、左右のスキーの動きがバラバラになってしまい、次のターンに入りづらくなってしまったりします。
腰を回さないと、スキーに前後差ができてしまう

















腰を回すと
ターンの後半、スキーを横に向けるのと同時に腰の向きも横に向けると、不必要なスキーの前後差はなくなります。
これにより、左右のスキーの動きが一致し、安定した滑りにつながります。
腰を回すとスキーの前後差が無くなる
















※スキーの前後差については、「スキーのスタンスと前後差について 」もご参照ください。


◆股関節の脱臼を防ぐ
腰の向きをスキーが横に向くのに合わせて横に向けることによって、コブにぶつかった際に股関節が脱臼するのを防ぐことができます。

股関節の脱臼は、特にアイスバーンのコブ斜面で起こりやすいです。
カリカリのアイスバーンのコブでは、スキーを横に振ってズラシて減速して滑る人が多いため、コブの形は横に振った形になります。

ここで、横向きのコブの形状を無視して、フォールライン方向に縦にスキーを入れていくと、スキーがコブの形状に合わせて急激に横向きになってしまうことがあります。

このとき、腰の向きをフォールラインに向かって正対させたままだと、骨盤と脚が急に大きな力でひねられて、股関節を脱臼してしまうのです。

直線的にコブに入ると......
直線的にコブにはいると


















スキーがコブに当たると急激にスキーが横に向き、股関節がひねられダメージを受けてしまいます。

コブにぶるかるとスキーが急激に横になる


















ここで、腰をスキーと同じ向きに向けて回していれば、骨盤と脚のひねりはなくなり、脱臼することはないでしょう。

腰をスキーと同じ方向に向ける


















◆脱臼はクセになる

一度脱臼してしまうと、それがクセになってしまい、たびたび脱臼するようになってしまいます。

実は私、10 年間以上も股関節の軽い脱臼に悩まされています。

コブを滑っている最中に時々「ギクッ」と脚の付け根の股関節に痛みが走り、しばらくの間は鈍い痛みとともに股関節の違和感が続きます。
どうやら股関節が所定の場所にうまくはまっていないようなのです。

スキーができないほどの痛みではないのですが、この軽い脱臼の状態はしばらく続きます。
1日で股関節がうまくはまることもあれば、1カ月以上違和感が続くこともあります。
ある時、ふとした日常生活で脚をひねる動作をしたときに、「コキッ」とうまく脚の付け根の関節が正しい具合に入ってくれるのです。

この股関節の脱臼、ふだんの生活では問題ありませんが、モーグルのような激しいスポーツでは、かなりの致命傷なので、これを読んでおられるコブ斜面が大好きなあなたには気をつけていただきたいと思っています。


◆急斜面では特に意識しよう
縦コブを一直線に滑る場合は、スキーはほとんど回さないので、腰を回わさずフォールライン方向に固定するのが良いと思います。でも、急斜面の自然コブ、特にアイスバーンでずらした雪が吹き溜まったような横に振った形のコブを滑る際は、腰をスキーの向きに合わせて横に回して滑ったほうが良いでしょう。


今回のまとめ:
スライドして滑る場合は、腰(骨盤)の向きはフォールラインに向けて固定せずに、スキー(ヒザ)が向くのと同じ方向に向けるようにしよう。



おわり



◆目次はこちら















PR
- HOME -
目次
INDEX

下の各項目からもご覧いただけます
コブの滑り方
■ 脚は少し曲げておく
■ 目線は重要
■ かかと加重を重視する
■ スタンスと前後差について
■ 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
■ 吸収動作を長くキープする
■ モーグルのストックワーク (1)
■ モーグルのストックワーク (2)
■ モーグルのストックワーク (3)
■ スイッチバック
■ 背筋を伸ばす
■ 秘技!! スライド&ジャンプ
■ 吸収動作が必要なわけ
■ 吸収動作によるスピードアップ
■ 1つの動作で吸収と先落としをする
■ 吸収はヒザを意識する
■ 腰はスキーと同じ方向に向ける
■ 吸収動作による前後のバランスの調整
■ 吸収を行わない滑り方
■ 肩の逆ローテーション
■ ダブルストックを使うには
■ 縦の溝コブで減速するには
■ コブの溝でスキーをたわませる
■スキーの先落としと関節の動き
■吸収と伸ばしのタイミング
■ 足首の角度とポジションの関係
■ 左右非対称のコブとスライド
■ レベルによるストックワークの違い
■ スキーの先落しの角度とスピードコントロール
■ 静かなストックワーク
■ ボール状の凹みを通るライン
■ 外側の肩を下げる動きについて
■ スキーの縦の動きと練習について
■ コブ初心者 (1) どこを通る?
■ コブ初心者 (2) フォールライン方向にずらす
■ コブ初心者 (3) 上体をフォールライン方向にキープ
■ コブ初心者 (4) 脚のかまえ
■ コブ初心者 (5) それではコブを滑ってみよう・前編
■ コブ初心者 (6) それではコブを滑ってみよう・後編
■ コブ初心者 (7) スキー板と練習するコブ斜面
■ 春の巨大コブを省エネで滑る方法
■ 滑り方によって変化する谷回りと山回り
■ コブ中級者への道 (1) プロペラと逆ひねり
■ コブでおじぎを防ぐには
スキー場
メール
メッセージはこちらから
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ | [PR]