忍者ブログ
コブやモーグルについて思ったことをダラダラとつづっています。

最近なにかと話題の加圧トレーニングですが、実際のところは本当に効果があるのでしょうか?

私は約 3 年前から加圧トレーニングを続けていますが、たしかに効果はあります。

ただ、よくメディアで言われているように急に筋肉がつくようなことはありません。
また、「一週間に1 回やるだけで効果がある」ということもありません。
2カ月以上ほぼ毎日続けていると、ある日「あれ?なんか以前に比べて少しだけ筋肉がついたかな!?」と、ふとした時に違いに気づくといった感じです。

効果があらわれづらいのは、私の歳のせいもあるかもしれません。
私のような中年のおっさんではなく、もっと若い人がトライしてみたら、意外と早く効果は出るのかもしれませんね。


↓加圧トレーニングの専用ウェア KAATS<カーツ>
KAATS<カーツ>












私は、
「加圧トレーニングはお勧め?」
と聞かれたら、
「絶対お勧めです。」
と答えるようにしています。
それは、「同じ筋トレをやるのであれば、少しでも筋トレの効果があるほうがいいじゃないですか」と思うからです。

普通に筋トレするのと、加圧して筋トレするのでは、世間で言うほど大きな差は無いと思いますが、確かに加圧してトレーニングしたほうが少しだけ筋肉は付きやすいことは実感しています。
毎日の少しの違いが、続ければ大きな違いになってくるように思います。

私の例で恐縮ですが、その違いをご覧ください。

↓は約3年前、加圧トレーニングを始める前です。
モーグルというスポーツをやっているので、筋トレは頻繁に行っていましたが、なんか、たるんでますね。 まあ、それほど太ってはいませんが、おなかにしまりがありません。 アスリートの体からは程遠いですね。(ああ、恥ずかしい….。)
加圧トレーニング使用前











↓は現在 (2009年9月)。加圧トレーニング使用後です。
変われば変わるものです。 体脂肪率は約 7%。



まあ、上の昔のたるんでいた頃の写真は太陽がサンサン輝く海辺で撮ったもので、下の加圧使用後の写真はうす暗い部屋の中で撮ったので、2つの写真にはコントラストに違いがあります。
そのため、加圧トレーニング使用後の写真の方が、筋肉が見えるようになっていることは確かです。
でも、コントラストが違う写真のマジックを差し引いても、その違いは明らかですね。

さらに強調しておきたいのは、現在、私は 41 歳ということです。
私のような中年のおっさんでも、これだけ変わることができました。
若い方なら、もっと効果が出るのではないかと思います。


加圧トレーニングを始める前に
「よし、加圧トレーニングはじめるぞぉー」
と思われた方。誤解があるといけないので、始める前にもう少し知っておいてほしいことがあります。

まず、上の写真のように変わったのは、3年間コツコツと加圧して筋トレを続けた結果です。
1ヵ月位続けても、なかなか違いはでてこないと思います。
加圧トレーニングをはじめるなら、違いが表れるまで、最低半年は頑張って続けてほしいと思います。

あと、上の写真のように変わったのは、10 キロ以上減量したのも大きな要因です。
筋肉が大幅についたというより、「贅肉が落ちたため、筋肉が見えるようになった」のかもしれません。
でも、減量すると、たいてい筋肉も落ちてしまいますが、筋肉をつけながら減量できたのは、加圧トレーニングのおかげです。

このように、加圧トレーニングとダイエットを並行して行ったからこそ大幅な肉体改造ができたのだと思います。

加圧トレーニング以上に大事なのがダイエットです。
私が行ったダイエット方法については以下のページをご覧ください。
ダイエットの実践

おわり



◆目次はこちら



オフトレ
一年中モーグラー
筋肉をつけるのとダイエットはどちらが大事?
モーグルに上半身の筋トレは必要か?
モーグラーのダイエット











PR
- HOME -
目次
INDEX

下の各項目からもご覧いただけます
コブの滑り方
■ 脚は少し曲げておく
■ 目線は重要
■ かかと加重を重視する
■ スタンスと前後差について
■ 基礎スキーヤーがモーグル的に滑るには
■ 吸収動作を長くキープする
■ モーグルのストックワーク (1)
■ モーグルのストックワーク (2)
■ モーグルのストックワーク (3)
■ スイッチバック
■ 背筋を伸ばす
■ 秘技!! スライド&ジャンプ
■ 吸収動作が必要なわけ
■ 吸収動作によるスピードアップ
■ 1つの動作で吸収と先落としをする
■ 吸収はヒザを意識する
■ 腰はスキーと同じ方向に向ける
■ 吸収動作による前後のバランスの調整
■ 吸収を行わない滑り方
■ 肩の逆ローテーション
■ ダブルストックを使うには
■ 縦の溝コブで減速するには
■ コブの溝でスキーをたわませる
■スキーの先落としと関節の動き
■吸収と伸ばしのタイミング
■ 足首の角度とポジションの関係
■ 左右非対称のコブとスライド
■ レベルによるストックワークの違い
■ スキーの先落しの角度とスピードコントロール
■ 静かなストックワーク
■ ボール状の凹みを通るライン
■ 外側の肩を下げる動きについて
■ スキーの縦の動きと練習について
■ コブ初心者 (1) どこを通る?
■ コブ初心者 (2) フォールライン方向にずらす
■ コブ初心者 (3) 上体をフォールライン方向にキープ
■ コブ初心者 (4) 脚のかまえ
■ コブ初心者 (5) それではコブを滑ってみよう・前編
■ コブ初心者 (6) それではコブを滑ってみよう・後編
■ コブ初心者 (7) スキー板と練習するコブ斜面
■ 春の巨大コブを省エネで滑る方法
■ 滑り方によって変化する谷回りと山回り
■ コブ中級者への道 (1) プロペラと逆ひねり
■ コブでおじぎを防ぐには
■ コブ中級者への道 (2) スライドする方向を変える
■ コブ中級者への道 (3) コブでスキーが開いちゃう
■ 上体を前に移動させる
■ コブ頂点のポジション
■ 基本ポジション
■ コブの滑り方で変わる前傾角度
■ 腰と下っ腹の意識
スキー場
メール
メッセージはこちらから
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ | [PR]